スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球の育成枠やら最低年俸

プロ野球では1億円プレイヤーも多くいながら、
その反面で低い人は200万円台と大変。

プロ野球選手はトレーニング器具やサプリ、
個人トレーナーの契約をしている人もいますしね。

最低年俸が以前は600万円ほどだった?
のですが現在は240万ほどに下がってますね。

その他育成枠が出来たのでそちらの安い年俸で
獲得して使えるかどうかを見極めて契約するという
方針に転換しているそうです。

ドラフトでチームの支配下登録選手になると
契約金3000万~1億円が必要ですが、
ほとんどの育成枠の契約なら契約金ゼロだった気がします。

現在日本でも独立リーグがありますが
そこの給料は月給20万円らしいです。

そこから指名される選手はほとんど育成選手としてなので、
プロでも年俸240万円月20万円と変わらないスタートとなります。

アメリカのメジャーリーグではマイナーとメジャーの差が
かなり激しいようです。

メジャーは専用ジェット機、飛行機があるけれども
マイナーはバスでの移動とか一般の交通機関を使うそうです。

あとシャワールームがなかったり、
施設が整ってないところの球場で試合をする事が
多いんだそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。