スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司は魚屋の方が大きくておいしい

年末年始やお正月になると盛り上がるのは魚市場ですね。
お正月期間は魚も特売になっているのでおすすめです。

とくに魚屋さんのお寿司や刺身はネタが大きいながらも、
値段はスーパーとはそんなに変わらない場合が多いので
お買い得です。

魚に限らず年末年始は魚・肉などあらゆる商品が
安売り・特売・増量などがなされているので買いやすくなっています。

どうせ買うなら年末年始ですね。

しかし年末年始は年に1回しかありませんし、
その期間も短いんですよね・・

もうお正月もあとちょっとになってしまいましたね。


スポンサーサイト

鍋系の食べ物で時間と食費を節約

料理は食材を買っても使う料理が限られそうな時は
鍋物が一番ですね。

使える食材は豊富ですし入れて煮込めばいいだけなので、
時間の節約にもなります。

鍋にすると栄養分も逃がさず効率よく吸収できるので
料理にはオススメというのを聞きました。

そのほかにもお好み焼きでも食材はいろいろ使えますし、
ハンバーグなども多種類のものを入れることができますね。

牛乳は生乳100パーセントではないものもあったり

現在牛乳は低脂肪牛乳とか牛乳特有の臭いを抑えた
商品が多く売られています。

なんとなく牛乳=牛から摂れた生乳だけで作られていると
思いがちですが中には生乳100%ではなく生乳以外のものが
含まれていたりしますね。

生乳が半分以下というものもあるので牛の乳100%が
飲みたい場合には表示成分を見て購入した方がいいと思います。

私も牛乳はよく飲むのですがやっぱり牛の乳100パーセントが
いいですし、新鮮な食品だけに牛の乳以外のものが含まれていると
なんだか違和感があって飲みにくいしあまりいい気持ちにもなりません。

傾向としては生乳100パーセントは値段が少し高く、
生乳100パーセントでない牛乳は少し値段が安くなっています。

スーパーは雨の日は割引することが多くなる

スーパーでは雨の日は客足が鈍るので値引き商品が増えますね。

しかし買い物は安いもの安くなっているものを買いだめするよりも
いくら以内で抑えるかで買っていった方が節約にはなりますね。

野菜などは八百屋さんや専門のお店の方が国産だったり、
仲介がなく直営だったりする場合も多いのでこちらの方が
栄養面でも良い感じもします。

日本では食べ物に対してあまりお金を掛けない傾向ですが、
海外では反対に食事を重視するところが多いですね。

海外にとっては文化や風習的にも食事をする場は
大事な場面なのでそのためのお金は惜しまないという考えらしいです。

なので海外の食卓では食品の種類が多かったり、
多くの食材が使われていたり手の込んだものが多いですね。

海外では自国の農業や生産を重視していて
国産ものの割合が多くなっていて安全の度合いも高いと言われています。

こんにゃくゼリーが販売再開へ


販売中止になっていたこんにゃくゼリーの販売が再開されるそうです。

こんにゃくゼリーだけがなぜか的になってましたが、
実際のところはこんにゃくゼリーだけではなくお餅も
毎年詰まらせる人はいますし普段食べているパンでも
詰まる場合があります。

一部ではこんにゃくゼリーだけを取り上げるのはどうなんだ、
他の食べ物と比較しても少ないにもかかわらずという意見も出ていました。

なんとなくこんにゃくゼリーは詰まらせる可能性はあるけれども、
それ以外は可能性はないと誤解を与えてしまう場合もありますしね。

結局のところどれが詰まるか分からないので
用心して食べなければいけないということですね。

今回は3分の一近くを使ってお年寄り、子供は注意という
表示を設けたそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。