スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産投資、外貨預金をする人も急上昇

最近は円高なので今のうちに安く外貨を買っておいて、
預金して1年後に換金する・・・という方法が人気にもなっていますね。

損 
はその通貨の価値が下がると損になります。

1ドル100円が1ドル90円になると損します。
この場合は円高になってますね。



利益
その通貨の価値が上がると利益がでます。

1ドル100円が1ドル110円になると利益が出ます。


通貨によっては金利も変わってくるそうで、
円預金よりも外貨預金の方が高金利のものもあるんだそうです。


こういう外貨を扱う場合はいきなりではなく最初は少しの
お金でやっていった方が無難ではありますね。

こういう場合はその国の景気が上がる見込みがあるなど
経済予測も必要となりそうです。

スポンサーサイト

タンス預金や利息や安全など

以前からタンス預金をやっている人々がいます。

その中には銀行がこれからどうなるか分からないなどの不安や、
もしものためにと家にお金を蓄えています。

反面タンス預金が狙われてその貯蓄をうしなう事件なども
起きています。

銀行ならば預金履歴も記録されるので何かあってもお金は
限度額は保証されますがタンス預金になると記録が残らないので
もしもの場合には失う危険が高いかなと思います。

その他にも火事やら災害などもありますし家に大金を
置いておくとなると不安な面もありますし気が抜けないのでは
ないかとも思うことがあります。


それに銀行に預けておくと利息がついて得することもありますね。


少し前の不景気、銀行の不良債権が問題になっていた時期は
預金の利息もあまり高くはありませんでしたが、改善して企業の
業績が回復してきてからは利息も良くなりましたね。

利息が高いうちは銀行にお金を預けておいた方が
資産が増えるためにもよいのかなとも思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。